屏風

 

屏風とは今から約ニ千年ほど前、中国の漢時代に創作されたものと古書に伝えられています。建築や生活様式の移り変わりとともに調度品となり装飾用品ともなって、さまざまなものが創り出されて現在に至っていおります。

 

屏風の種類には下記がございます。

 

 ●観賞用屏風(絵屏風・拓本貼り込み屏風)


 ●装飾用屏風(金銀箔押し屏風・砂子屏風)

 

 ●生活用の家具(枕屏風・障子屏風)

 

 

ニ曲屏風                                

 

当店のオリジナルです。

           切地を裁断して貼り付けました。

衝立

 

 

衝立(ついたて)は、日本の家屋(とりわけ、伝統的家屋)で用いられる、間仕切り用家具の一種襖障子板障子・組子などといった障間に使える物に台脚を取り付けることで自立する調度品に仕立てたもので、屋内にて、間仕切り、目隠し、風除け、装飾性・芸術性などを目的に用いられる。